利用するオンラインシステムは当校におけるPGD課程とアングリア・ラスキン大学におけるMBA課程とで異なります。

PGD課程のシステム

PGD課程は対面式で実施されている授業(月3回、土曜日に実施、授業時間は13:00~17:00)にオンライン授業システム:Wherebyを利用してご参加いただきます。期間は8ヶ月間です。

授業は対面とオンラインのハイブリッドで実施されています。オンライン参加の皆様も対面参加の学生と同様に授業中のご発言やディスカッションが可能となっています。またチャットを利用してのご発言も可能です。

また授業中はオンラインで参加する学生のために専門スタッフが付き、スムーズな授業進行をフォローします。オンライン受講に特有なシステムのトラブルにも適切に対応します。

さらに当校では、オンライン学習のサポートシステムとしてMicrosoft Teamsも導入しております。PGD課程のすべての学生にユーザーIDを発行します。

Teamsは学生の皆さんへの事務連絡や資料共有のツールとして、さらにグループワーク時のコミュニケーションツールとしても利用されます。これにより、授業時間外の学生間コミュニケーションが促進され、より効果的なオンライン学習が可能となります。

Wherebyについて

Wherebyの画面イメージ。実際の授業画面ではテキストが共有されます。カメラ・マイクについては基本的に受講中はオフにしていただき、ご発言時のみオンにしていただく形となります。

当校では、ノルウェー発のオンライン会議システム「Whereby」を採用しています。

Wherebyの最大の特徴はその利用ハードルの低さにあります。『ブラウザ完結型』ともいわれるそのシステムは、他の多くのオンライン会議システムと異なり、利用にあたり特定のアプリケーションのダウンロードや会員登録を必要とせず、固定のURLをブラウザ上に打ち込むだけでオンライン会議システムに入場いただくことが可能です。

デバイスはPC、タブレット、スマートフォンのすべてに対応し、通信環境さえ整っていれば世界中どこからでも授業にご参加いただくことが可能です。

Wherebyのルーム内では、教室の映像と音声、そしてテキストデータが共有されます。また皆さんのご発言は教室内でも流れますので、対面授業と同様のインタラクティブな授業参加が可能です。

また授業ではグループディスカッションなども頻繁に行われますが、この場合は主にオンライン参加の学生同士でグループを編成させていただきます。課題発表時などはお手元に用意いただいた様々なプレゼンデータをWhereby上で画面共有いただくことによって、対面授業会場でも共有されます。

Wherebyを利用いただくにあたっての推奨環境については以下をご参照ください(外部リンク)。

基本的にお客様のデバイスや通信環境の問題による不具合については自己責任となりますので、お申込に際しては必ずご自身(ご自宅)のデバイスや通信環境をご確認いただくようお願いいたします。

なお、Whereby上では授業録画を行っており、必要とされる方には後日その動画を共有させていただいております。

対面授業へのご参加も可能です!

オンラインプログラムでお申し込みいただいた方でも、対面授業にご参加いただくことが可能です。時間や交通の面で状況が許すようでしたらぜひ対面授業に足をお運びください。対面授業は主に東京・飯田橋の会議場にて行っております。

MBA課程のシステム

アングリア・ラスキン大学のMBA課程はフルオンラインプログラムとなっています。期間は9ヶ月間です。

テキストの共有やチューターとのやり取りは学生専用ポータルサイトをプラットフォームとして行われます。

MBA課程は主に最終課題となるProject Researchを作成するためのカリキュラムが組まれています。チューターとの意見交換やディスカッションを通じて、Project Researchを仕上げ提出いただくことになります。

MBA課程はPGD課程と違い、決まった時間に授業が行われるということはありません(ただしチューターとのディスカッションなどは時間を設定して実施される場合あり)。

最終的に提出したProject Researchが審査に合格することでMBA課程は修了となり、皆さんは晴れてアングリア・ラスキン大学のMBAホルダーとなります。