よくあるご質問

FAQ

当校、また当校のプログラムに対してよく頂戴するご質問をQ&A形式でまとめました。プログラムや料金、入学手続きについてなどの情報をまとめております。どうぞご確認ください。

またこちらに書かれていない情報に関するご質問はコンタクトフォーム(本ページの下部)、またはメール(support@online-mba.jp)等でお気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。

Q&A

入学手続きについて

以下すべての書類をご提出ください。

【データ提出いただくもの】
・アプリケーションフォーム(以下よりダウンロード)
・パスポート顔写真ページのコピー
・推薦状(免除となる場合もあります。)

【原本の提出を要するもの】
・最終学歴の卒業証明書(英文1通)
・最終学歴の成績証明書(英文1通)

※この2つの書類は後日のご提出でも問題ありませんが、必須書類となりますので、できるだけ早めに教育機関に連絡を取り準備するようにしてください。

データの提出先
support@online-mba.jp
■原本書類の郵送先
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目13-18 オフィスコート代々木A2
株式会社ログワークス 
ExeJapan Business School事務局 宛て

【アプリケーションフォームのダウンロード】

原則として下記の条件を満たしている事が必要です。

◇職務経験※以下のいずれかを満たしていること。
・大学卒業者で、3年以上の職務経験を有する方。
・学位に相当する専門的資格を有し、5年以上の職業経験を有する方。
・短大或いは高専卒業者、或いはそれに相当する専門的資格を有し、5年以上の職務経験があり、そのうち少なくとも2年以上は管理職経験のある方。
・大学の学位はないが、8年以上の職務経験があり、そのうち、少なくとも3年以上の管理職経験のある方。

◇英語力
・英語の読み書きができる方(高度なレベルは要求されない)。

※その他、個別に対応するケースもあります。

毎月の入学定員は5名までとさせていただいています。

通常MBAプログラムは、ある一定の人数の独立したクラスで全行程を実施しますが、当校のPGDコースは各課目から毎月入学できる「ローリング・アドミッション」を導入しています。入学手続きが完了すれば、すぐに入学できます。毎月新入生が入学することにより、常に新鮮で刺激的な授業を行うことができます。

8ヵ月8課目を修了した方から英国国立アングリア・ラスキン大学の論文コースへの入学申請をします。

クラスの人数があまりにも増えるとチューク&トーク形式の授業となることが懸念されるため、学習効果と授業のクオリティを保つ目的でひと月あたりの入学定員を5人までとしています。

一般的には以下のような流れとなります。
まずは「オンライン説明会」へのご参加をお願いいたします。

  1. オンライン説明会へのご参加
  2. お申込書類のご提出
  3. 面談、入学審査
    ※1.のオンライン説明会をもって面談が免除となる場合もあります。
  4. 合否連絡
    ※合格の場合、入学金・授業料のお支払い
  5. ご入学

申込書類等にIELTS、TOEFL点数を記載する項目はありますが、特に基準点を求めてはいませんし不問です。
これは当校の特典でもあり、英国側からの信頼の結果によるものです。

料金について

テキストの購入は必須ではありませんが数万円程度です。経営戦略など世界共通の重要な理論等は、習得するためにテキストを学習されることをお勧めしますが、授業においてはハンドアウツやパワーポイントの資料を無償で提供しており、なるべく費用のかからない学習が出来るようになっています。

海外のビジネススクールではテキストを買う学生はそれほど多くありません。日本人はテキスト主体の勉強に慣れているために率先して買う傾向がありますし、購入を義務づけている日本のビジネススクールもあると聞きますが、本来のMBA教育はテキストベースの学習ではありませんので、無理に購入する必要はありません。

英国特有の教育のシステムと、英国高等教育機関や英国大学の協力のもと、受講者の金銭的負担をなるべく低く抑えられるように、学習上有用なインフラを除き、無駄な時間と経費をかけない運営を当校が行っているためです。

過剰に華美なカタログや広告、不必要な設備を排し、その分を参加者に還元しています。コンテンツ提供を最も重視している関係上、必要としない経費は省いています。

原則として学費(入学金、授業料)は入学前までに全額をお支払いいただくことが必要になりますので、予めご了承ください。

プログラムについて

MBA top-upプログラムは、包括的なMBAプログラムとは違い、最初にPGD(Postgraduate Diploma[大学院経営管理学課目課程])取得のためのコースに入学し、修了後に提携大学のMBAコースに入学し論文を提出することで MBA学位が取得できるというシステムです。

英国ではMBAプログラムは基本的にPGD課程と論文によって構成されています。両方を修了することで修士号であるMBAの学位を取得できます。 しかし、何らかの事情で論文を提出しない場合はPGDのみが授与されます。PGDは英国では就職において評価される修了書です。

包括的なMBAプログラムとMBA top-upプログラムを比較すると、授業料、入学基準、課目数、学習期間などに違いがあります。多忙なビジネスマンや学習予算に限りがある方、早期にビジネスに応用したい方、さらには大学卒ではないもののMBAを取得したい方等にも適した画期的なシステムです。

すでに英国、豪州、ニュージーランドの大学ではMBA top-upが増えてきています。

現在の通信技術の急速な進化や経営のスピード、ビジネスマンの多忙さを考えれば、より低い授業料で、短期にMBA的学習を修める傾向になる事は想像に難くないことです。

もはや長い年月をかけてMBA的学習を行うことは現在のビジネス環境に合わなくなってきています。

MBAは研究することで評価を受ける学位ではなく、ビジネスの世界で実績を出して初めて評価される学位であり、結果が全てです。そのために多くの学習をすることは否定しませんが、個々人が消化できる範囲や自身のビジネス環境、目的によって学習の範囲を定めることが重要です。

このプログラムは、「国境を超える高等教育」という概念の「プログラムの移動」の中に含まれるFranchiseとArticulationというシステムを採用しています。

ユネスコのレポートにもありますように「国境を越える高等教育」には、「人の移動」、「教育機関の移動」そして「プログラムの移動」があります。

通常のMBAプログラムであれば課目は10以上あります。一方、当校のPGDコースは専門的な課目群でまとめられているため8課目となっております。その後に進むMBAコースとも連動しますので、PGDとMBAの両課程を合わせて通常のMBAプログラムと同等になるというイメージで捉えていただければわかりやすいかもしれません。

MBAは知識偏重型の記憶学習ではなく、学び方がより重視される学問ですので、MBA的な学び方を身につけさえすれば、その後は自主的に学習を進めていっていただくことができるでしょう。頭を知識で埋め尽くすのはかえってマイナスです。

あります。学生が教員の講義内容や準備について、つまり授業の質について評価をする制度はMBAスクールでは必須です。

残念ながら当校の質に見合わないと判断される場合は教員の交代はあり得ると考えています。これも教育の質の保証の一環です。

ただし、学生の評価だけでは判定ができないこともあり、どの点が問題かは検証が必要です。その場合は英国側と協議を行うケースもあります。

英語そのもののサポートはありませんが、課題をどのように書いていくべきかの指導は都度あります。課題、論文はすべて英語で書いていただく必要がありますので、その点を踏まえて一定の努力が必要です。

今の時代、経営管理学の世界の共通言語が英語であるとも言えますので、英語ができないMBAホルダーはネガティブ評価となってしまいかねません。

ただし、基本的に英語学習プログラムではなくビジネスプログラムですから、あまり英語への苦手意識を持たずに取り組んでいただければと思います。

英語学習というと英会話をマスターする必要があるかのように誤解されることがありますが、学習した各課目のキーワードを基本に、課題と論文の作成に焦点を絞り学習を行うことで負担を軽減することが可能です。
その為に、教員及び事務局が課題と論文作成のケースを学習する勉強会を開くなどのサポートを行っています。

MBAについて

よくMBAについて語られるときに「資格」と呼ばれることがありますが、MBAは資格ではなくれっきとした学位(修士)です。特定の国や地域でのみ通用する資格とは違い、学位は特定の学問を修めたことを証明する、世界中で通用する栄誉称号です。

また、MBAはMaster of Business Administrationの略称であり、日本語で言うと「経営管理学修士」というのが正しい訳となります。当校にお問い合わせいただく方の中でも、MBAに関しては間違った理解をされている方が多く、日本ではまだまだMBAに対する正しい理解が進んでいないことを物語っています。

日本にはMBAを公に規定するガイドラインが存在しません。

文部科学省は学部学科等の設置認可は行うものの、特定の名称を持つ学位が「どういったシラバス・カリキュラムを修了した者に授与される学位であるか」を規定してはいません。当然MBAがどういう学位であるかについても規定してはいません。文部科学省にはそれを規定する部門はなく、本来であればその任を負うに相応しいと思える独立行政法人にも対応する規定はありません。

規定がなければどうなるか?必然的に「MBA」の定義はぶれます。都合の良い手前勝手な論法によってMBAの拡大解釈がはびこってしまっているのが今の日本の現状と言えます。これはMBA教育の世界基準から大きくかけ離れたまさに「ガラパゴス」の状態であり、非常に由々しき事態であると我々は考えています。

仮に「当校ではMBA学位が取得できます。」と謳っている日本の教育機関があったとしたら、注意深くその実態を見極める必要があります。なぜならそれはMBAたる裏付けを持たない「自称MBA」でしかない場合がありえるからです。

コンタクトフォーム

上記以外に関するご質問がございましたらこちらよりお気軽にお問い合わせくださいませ。担当者より返信をさせていただきます。

    ■氏名*

    ■メールアドレス*

    ■お問い合わせのご趣旨*


    ※詳細はそれぞれ以下にご記入ください。

    ■ご質問・お問い合わせ内容

    ■ご希望のオンライン説明会日時



    ■当校の「プライバシーポリシー」に同意しますか?*

    *印は必須項目となります。
    ※オンライン説明会の希望日時(時間は開始時間をご記入ください)を第三希望までご記入ください。
    ※オンライン説明会の所要時間は1時間半~2時間程度です(お客様のご質問内容によっても異なります)。
    ※お問い合わせをいただいた日から間近の説明会実施は対応が難しい場合がございます。
    ※オンライン説明会は土日祝日でも対応可能です。時間帯は10:00~19:00まで(開始時間ベース)対応可能です。