プログラムの構成

本プログラムは当校における8ヶ月間のPDG課程(Postgraduate Diploma:大学院経営管理学科目課程)と、英国国立大学:Anglia Ruskin Universityにおける9ヶ月間のMBA課程で構成されています。

本プログラムはMBA top-upシステムを採用しています。MBA top-upとは、PGDの取得者が英国のMBA課程に進み、そこで所定の学業を修めることでMBA学位が取得できるという英国の制度です。本プログラムは日本初のMBA top-upプログラムです。

※MBA top-upは株式会社エグゼクティブジャパンの登録商標です。

プログラムの趣旨

本プログラムが提供する英国のPGD課程は、企業経営への責任を担う経営管理職者の育成と、十分な実務経験を有するビジネスパーソンに対してキャリアアップの機会を提供することを目的として、英国の高等教育機関との提携関係を有するExeJapan Business School(株式会社エグゼクティブ・ジャパン)により運営されています。
当校は、PGD課程の修了後、より高度な経営管理者となることを目指すビジネスパーソンに対して、アングリア・ラスキン大学のMBA学位取得につながる機会を提供しています。

プログラムの目的

このプログラムは以下の能力を高める目的で構成されています。

  • ビジネス分野の関係における戦略的な知識と推論
  • 経営における学術的かつ実用的なビジネススキルの成長と強化
  • コミュニケーション、クリティカルシンキングと対人能力
  • ビジネスにおける国際的·戦略的視点。
  • 企業戦略の開発を支援するための分析的、批判的、リサーチ技術
  • モデリングおよびシステム思考におけるフレームワークの理解

入学条件

原則として下記の条件を満たしている事。

◇職務経験※以下のいずれかを満たしていること。

  • 大学卒業者で、3年以上の職務経験を有する方。
  • 学位に相当する専門的資格を有し、5年以上の職業経験を有する方。
  • 短大或いは高専卒業者、或いはそれに相当する専門的資格を有し、5年以上の職務経験があり、そのうち少なくとも2年以上は管理職経験のある方。
  • 大学の学位はないが、8年以上の職務経験があり、そのうち、少なくとも3年以上の管理職経験のある方。

◇英語の読み書きができる方(高度なレベルは要求されない)。

※その他、個別に対応するケースもあります。
以上

PGD課程の授業内容

No.Modules NameCredit
1Manage Team Performance to Support Strategy15
2Leading a Strategic Management Project15
3Strategic Marketing15
4Development as a Strategic Manager15
5Information Management & Strategic Decision Taking15
6Strategic Direction15
7Strategic Planning15
8Finance for Managers15
※上記8科目はすべて日本語による授業となります。ただしアサインメントは英語。

授業はすべて日本語で行われます。8ヶ月で8科目の授業が行われます。基本的に1科目の授業は1ヶ月間の間に3回行われ、 土曜日に授業に参加していただく事になります。
1科目の授業時間は基本的に月3回の土曜日授業で4時間ずつ行われ計12時間になり、 8科目で合計96時間の授業時間となります。

成績評価について

成績評価は8科目にそれぞれ課される8つのアサインメント(英語)によって行われます。アサインメントでは、主要な論点や問題点に対して、自身の意見が明確に主張され、結論が導かれているかという点や、それに至る分析力が評価されます。
アサインメントの提出期日は各科目の授業月の翌月末(1月に授業があった科目は2月末)になります。

PGD課程の修了条件

すべてのアサインメントの合格が条件となります。各アサインメントには最低合格点(40点)が設定されており、それを下回った場合は不合格となります。
不合格となった場合は一度だけ再提出が認められています。ただし、再提出されたアサインメントは内容がどれだけ優れていても40点と採点されます。それでも不合格となった場合は、該当科目の再履修が必要となります(費用別途)。
※提出期日に遅れた場合も最高点は40点となります。

なお本プログラムで修了可能なPGDは、英国教育省配下の公的試験監査機関:Ofqualによる認可を受けた教育評価機関:Qualifiが授与する公的資格となります。

PGD修了後はMBAの学位取得へ

PGD修了後(修了書の取得後)、学生はアングリア・ラスキン大学のMBA学位を取得するための英語のオンライン課程に入っていただくことが可能になります(申請時期は毎年2、6、9月の年3回)。
オンライン課程ではProject Researchと呼ばれる論文に準じた課題作成を行っていただく事になります。
オンライン課程のコース期間は9ヶ月間です。
最終的にProject Researchを提出し、審査に合格することで、アングリア・ラスキン大学のMBA学位が取得できます。

Project Researchについて

学生は、アングリア・ラスキン大学より提示されるテーマをもとに、戦略的な視点から事業の研究プロジェクトを構築していただくことになります。Project Researchの作成にあたってはアングリア・ラスキン大学より遠隔指導を仰ぐことが可能です。

費用と期間

費 用

入学審査料:無料
入学金:44万円
授業料:154万円
合計:198万円
(税込)

※課目の再履修が必要になる場合などには追加費用がかかります。

期 間

PGD課程:8ヶ月間
MBA課程:9ヶ月間
合計:17ヶ月間

※別途、top-upまでの待期期間(top-upは2、6、9月の年3回)、各種手続き期間、アサインメントおよび最終課題の審査期間が必要となりますので、予めご了承ください。

本プログラムは、MBA教育の門戸を広げるため、非常にリーズナブルな料金設定を行っております。また、他のMBAプログラムは修了までに2年程度の期間を必要とするのが一般的で、授業時間も平日の夜間および週末に渡って展開されることが多く、現役のビジネスパーソンには大きな負担があります。
本プログラムは、週末のみの授業によってPGDを8ヶ月間で修了、その後の9ヶ月間で課題作成を行う、という形式のため、他のMBAプログラムに比べ、費用と期間の圧縮が可能となっています。

なお、入学金はいかなる理由によるキャンセルでも返金はできません。返金規定について詳しくは募集要項をご確認ください。

プログラム修了により得られる能力

学生は本プログラムの学習を通して、組織の戦略的統合と、広範なビジネスにおける展望をもつことが出来るようになります。学生は個人やグループでの行動においての単純なマネージメントのみならず、より機能的な手法と戦略的なレベルでのマネージメントを学べるでしょう。

本プログラムでは、学生のスキルアップと、経営者となるための準備に焦点があてられます。また、新規ビジネスの創出や組織の変化を促進するためのスキルを実践的に学ぶことにもなりますので、修了後は個々のビジネス領域において存分にリーダーシップを発揮できるようになることでしょう。