費 用

入学審査料:無料
入学金:44万円
授業料:154万円
合計:198万円
(税込)

※課目の再履修が必要になる場合などには追加費用がかかります。

期 間

PGD課程:8ヶ月間
MBA課程:9ヶ月間
合計:17ヶ月間

※別途、top-upまでの待期期間(top-upは2、6、9月の年3回)、各種手続き期間、アサインメントおよび最終課題の審査期間が必要となりますので、予めご了承ください。

本プログラムは、MBA教育の門戸を広げるため、非常にリーズナブルな料金設定を行っております。また、他のMBAプログラムは修了までに2年程度の期間を必要とするのが一般的で、授業時間も平日の夜間および週末に渡って展開されることが多く、現役のビジネスパーソンには大きな負担があります。

本プログラムは、週末のみの授業によってPGDを8ヶ月間で修了、その後の9ヶ月間で最終課題の作成を行い、その審査に合格することでMBA取得になる、という形式のため、他のMBAプログラムに比べ、費用と期間の圧縮が可能となっています。

なお、入学金はいかなる理由によるキャンセルでも返金はできません。返金規定について詳しくは募集要項をご確認ください。

さらに安価な完全自主学習型プログラム

より安価に英国のMBA学位を取得したいという方には、PGD課程・MBA課程ともにオンライン学習ポータル上での自主学習で修了できる「完全自主学習型英国MBA取得プログラム」もご検討ください。

MBA取得までにかかる費用の総額は当校の通常プログラムの3分の2の1,320,000円(税込)です。

通常のプログラムは、PGD課程が日本語授業、MBA課程がARUのオンライン学習ポータル(英語)での自主学習で展開されますが、このプログラムは両課程ともに100%英語環境のオンライン学習ポータル上での自主学習で展開されます。

日本語授業を実施せずにオンライン学習ポータルにおける自主学習で完結することにより、プログラムの運営コストをさらに下げることができるため、通常プログラムよりもさらに安価に英国のMBA学位をご取得いただけることになります。

当校の学費が他校に比べリーズナブルな理由

当校の学費が他校に比べリーズナブルな理由は、英国特有の教育のシステムと英国高等教育機関や英国大学の協力のもと、受講者の金銭的負担をなるべく低く抑えられるように、学習上有用なインフラを除き、無駄な時間と経費をかけない運営を当校が行っていることにあります。

過剰に華美なカタログや広告、不必要な設備を排し、その分を参加者に還元しています。コンテンツ提供を最も重視している関係上、必要のない経費を極力省いています。

給与所得者は「特定支出控除」の利用検討を

学生が給与所得者である場合は「特定支出控除」の利用をご検討いただけます。特定支出控除とは、給与所得者が以下の特定支出をした場合に、その年の特定支出の合計額が一定の区分を超える際、確定申告により超えた部分の金額を所得控除後の所得金額から差し引くことができる、という制度です。

  1. 一般の通勤者として通常必要であると認められる通勤のための支出(通勤費)
  2. 勤務する場所を離れて職務を遂行するための直接必要な旅行のために通常必要な支出(職務上の旅費)
  3. 転勤に伴う転居のために通常必要であると認められる支出(転居費)
  4. 職務に直接必要な技術や知識を得ることを目的として研修を受けるための支出(研修費)
  5. 職務に直接必要な資格を取得するための支出(資格取得費)
  6. 単身赴任などの場合で、その者の勤務地又は居所と自宅の間の旅行のために通常必要な支出(帰宅旅費)
  7. 次に掲げる支出(その支出の額の合計額が65万円を超える場合には、65万円までの支出に限ります。)で、その支出がその者の職務の遂行に直接必要なものとして給与等の支払者より証明がされたもの(勤務必要経費)
    1. 書籍、定期刊行物その他の図書で職務に関連するものを購入するための費用(図書費)
    2. 制服、事務服、作業服その他の勤務場所において着用することが必要とされる衣服を購入するための費用(衣服費)
    3. 交際費、接待費その他の費用で、給与等の支払者の得意先、仕入先その他職務上関係のある者に対する接待、供応、贈答その他これらに類する行為のための支出(交際費等)

我々のプログラムによる支出は4.の項目に該当する可能性があります。ただし特定支出は基本的に「給与支払者がその必要性を認めたもの」に限定されており、控除を受ける場合には給与支払者(会社等)からその必要性を証明する「証明書」を出してもらう必要があります。また、給与の支払者から支出に対しての補填があった場合は、補填部分は特定支出から省かれますのでご注意ください。

この制度が利用できれば節税に役立てることができますので、一度勤務先にご確認いただくことをお勧めします。

参照:「No.1415 給与所得者の特定支出控除」国税庁

まずはお気軽にお問い合わせください

本プログラムについてご質問等おありの場合はどうぞお気軽にお問い合わせください。

また当校では、ご入学を検討されるすべてのお客様に対して「オンライン説明会」にご参加いただくようお願いしております。

オンライン説明会では、MBAに関する基本的な説明をはじめとして、本プログラムの内容・構成についての詳細な説明を行わせていただきます。またQ&Aのセッションを設け、プログラムに関する皆様からのご質問に丁寧にお答えいたします。

またこれは当校の方針として、オンライン説明会にご参加いただいたからといってしつこい勧誘を行うことは致しませんので、まずはお気軽にオンライン説明会にご参加いただけますと幸いです。

コンタクトフォーム

    ■氏名*

    ■メールアドレス*

    ■お問い合わせのご趣旨*


    ※詳細はそれぞれ以下にご記入ください。

    ■ご質問・お問い合わせ内容

    ■ご希望のオンライン説明会日時



    ■当校の「プライバシーポリシー」に同意しますか?*

    *印は必須項目となります。
    ※ご記入いただいたメールアドレスに誤りがあると当校から返答ができません。送信前に今一度誤りがないかご確認ください。
    ※オンライン説明会の希望日時(時間は開始時間をご記入ください)を第三希望までご記入ください。
    ※オンライン説明会の所要時間は1時間半~2時間程度です(お客様のご質問内容によっても異なります)。
    ※お問い合わせをいただいた日から間近の説明会実施は対応が難しい場合がございます。
    ※オンライン説明会は土日祝日でも対応可能です。時間帯は10:00~19:00まで(開始時間ベース)対応可能です。

    当校のプライバシーポリシー

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。